HOME > 学会発表

学生、院生の発表

研究会や学会でプロの研究者の前で発表することで、研究とプレゼンのスキルを磨けます。就活にも役立つはずです。
中性子科学会や物理学会、KEKシンポジウムなどで発表のチャンスを作ります。旅費は支給します。

Magnetic structure refinement of magnetic semiconductor, Yb5Ge4
Y. Fukumoto, M. Aono, K. Ohoyama, M. Kosaka, S. Michimura, R. Numakura , S. Sakai, A. Hoshikawa, T. Ishigaki
International Symposium of Quantum Beam Science 2016、Poster P-2
(2016年11月18−20日、茨城大学水戸キャンパス)

Observation of phase decomposition of α”-Fe16N2
M. Aono, Y. Fukumoto, K. Ohoyama, T. Ogawa, S. Kobayashi, H. Furubayashi, A. Hoshikawa, K. Matsukawa, T. Ishigaki
International Symposium of Quantum Beam Science 2016、Poster P-3
(2016年11月18−20日、茨城大学水戸キャンパス)

希土類フリー永久磁石材料α“-Fe16N2の相分離でのN挙動の観測
青野美南福本陽平、大山研司、小川智之、小林斉也、古林宏之、星川晃範、松川 健、石垣 徹
第16回二本中性子科学会年会 ポスター発表 P1-38
(2016年12月2−3日、名古屋大学)

磁性半導体Yb5Ge4の磁気構造解析
福本陽平青野美南、大山研司、小坂昌史、道村真司、沼倉凌介、酒井 俊、星川晃範、石垣徹
第16回二本中性子科学会年会 ポスター発表 P1-02
(2016年12月2−3日、名古屋大学)

教員の発表

国際会議発表

Progress of Neutron Atomic Resolution Holography for Observations of Light Elements- Advantage of Neutrons - (招待講演)
K. Ohoyama
SAMMDoF2015, International Symposium on Advanced Materials Having Multi-Degrees-of-Freedom
2015年11月2-3日、熊本大学、熊本

Progress of Local Structure Investigations by Atomic Resolution Neutron Holography in Japan
K. Ohoyama et al.
WE Heraeus Seminar "Element Specific Structure Determination in Materials on Nanometer and Sub-Nanometer Scales using modern X-Ray and Neutron Techniques"
2015年4月26−29日 ボン、ドイツ

Polarisation Analysis Neutron Spectrometer, POLANO, at J-PARC - Concept and Magnetic Field Optimisation -(招待講演)
K. Ohoyama et al.
International Symposium of Polarized Neutron for Condensed Matters
2014年9月16−18日 シドニー、オーストラリア

Polarisation Analysis Neutron Spectrometer, POLANO, at J-PARC - Concept and Magnetic Field Optimisation -(招待講演)
K. Ohoyama et al.
International Symposium of Polarized Neutron for Condensed Matters
2014年9月16−18日 シドニー、オーストラリア

Polarised Neutron Spectrometer POLANO at J-PARC
K. Ohoyama et al.
2nd International Symposium on Science at JPARC,
2014年7月14日 つくば市

Novel Technique for 3D Local Atomic Structures Observations -Neutron Atomic-Resolution Holography-(招待講演)
K. Ohoyama et al.
K-J Meeting on Neutron Science
2014年2月17−18日 扶余、韓国

国内学会、研究会発表

中性子ホログラフィーによるBドープSiの局所構造解明
大山研司、林好一、八方直久、木村耕治、細川伸也、波田拓馬、青野美南、福本陽平、原田正英、稲村泰弘、筒井一生
東京大学物性研究所 短期研究会  P-1(2016年12月20−21日 物性研究所(柏市)

中性子ホログラフィーによるBドープSiの局所構造解明
大山研司、林好一、八方直久、木村耕治、細川伸也、波田拓馬、原田正英、稲村泰弘、筒井一生
第16回 日本中性子科学会年会  B3-1(2016年12月2−3日、名古屋大学(名古屋市))

Neutron Diffraction
大山研司
Neutron & Muon School 2016 (2016年11月23日 いばらき量子ビーム研究センター(東海村)

中性子ホログラフィー法によるドープ系機能性材料での局所構造研究
大山研司
中性子産業利用推進協議会 平成28年度物質科学研究会 2016年9月29日 東京

中性子の新しい使い方  ーー中性子ホログラフィーでの局所構造観測
大山研司
J-PARC装置勉強会 (2016年6月28日 J-PARC(東海村)


中性子の新しい役割:ホログラフィー法の展開ー小型中性子源利用の提案
大山研司
理研セミナー
2016年6月17日、理化学研究所(和光市)

偏極中性子散乱装置POLANOでの磁場接続評価
大山研司
サイエンスフェスタ2015
2016年3月15-16日、つくば

シンチレーション結晶CaF2:EuでのEu価数と局所構造の解明
大山研司
サイエンスフェスタ2015
2016年3月15-16日、つくば

J-PARCでの中性子ホログラフィー計画の状況
大山研司
新学術領域「3D活性サイト化科学」第3回成果報告会
2016年3月7-9日、名古屋工大

中性子回折法による磁気構造解析の特徴と実例 (招待講演)
大山研司
平成27年度磁性材料研究会
2015年12月21日、東京

中性子が切り開く新しい物質科学の展開(招待講演)
大山研司
日本物理学会 公開講座
2015年11月7日、東京大学、東京

中性子ホログラフィー法のメリットと開発現状
大山研司
新学術領域「3D活性サイト科学」第2回報告会
2015年9月4-6日 つくば市

中性子で何が見えるか?−中性子散乱の原理と特長− (招待講演)
大山研司
平成27年度物質科学研究会
2015年7月20日、東京

マルチフェロイック物質MnWO4の強磁場中性子回折 II 鳴海康雄,木原工,大山研司,野尻浩之,春木康平,木村剛
日本物理学会 第70回年次大会(早稲田大学)

物質材料研究で中性子にはなにができるか?(招待講演)
大山研司
日本学術振興会 マイクロビームアナリシス第141委員会 第156回研究会
2014年5月26日、東北大学、仙台

軽元素ドーパント直接観測のための中性子ホログラフィー法(招待講演)
大山研司、林 好一、細川伸也、八方直久、原田正英、稲村泰弘、南部光江、宍戸統悦、湯葢邦夫
MLFシンポ2013
2014年5月18-19日、茨城県つくば市

偏極中性子散乱装置POLANOでの偏極デバイス評価
大山研司、横尾哲也、伊藤晋一、 岩佐和晃、大河原学、南部光江、猪野隆、田崎誠司、奥隆之、吉良弘、武田全康、竹谷薫、石元茂
MLFシンポ2013
2014年5月18-19日、茨城県つくば市


▲ページトップに戻る